新着情報

ラグジュアリー・サルーン「XJ」2019年モデル
2018年9月21日(金)より受注開始
50周年を記念した2つの特別モデルを追加 「XJ50」「XJ SPORT & LUXURY」

 

XJ 2019.png

■「XJ」2019年モデルの受注を2018年9月21日(金)より開始
■ジャガーのフラッグシップ・サルーン「XJ」は今年で誕生50周年
■50周年を記念した特別モデル「XJ50」、「XJ SPORT & LUXURY」を新たに追加

2018年9月21日: ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、今年デビューから50周年を迎えるフラッグシップ・サルーン「XJ」2019年モデルの受注を2018年9月21日(金)より全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始します。
1968年に登場し現在8代目となるフラッグシップ・サルーン「XJ」は、ジャガーならではのスポーティさとデザイン性の高さ、そして英国車としての気品とラグジュアリーさが、英国王室をはじめ、ビジネスリーダーやセレブリティに愛されてきました。2019年モデルは、自動緊急ブレーキ(AEB)を標準装備して安全性をさらに高めると同時に、誕生50周年を記念して2019年モデル限定のグレード「XJ50」と、20台限定の特別仕様車「XJ SPORT & LUXURY」を新たに追加しています。
「XJ50」は、「XJ PREMIUM LUXURY」をベース車両に、最上級グレードである「XJ AUTOBIOGRAPHY」と同じ形状のフロント/リアバンパーを採用することでスポーツ性とラグジュアリー性を高めています。エクステリアカラーはフジホワイト、サントリーニブラック、ロワールブルー、ロッセロレッドの4色を展開し、インテリアには、18ウェイシート、ヒーター、クーラー、マッサージ機能が付いたダイヤモンドカットのソフトグレイン・レザーシートやアノダイズ加工を施したギアシフトパドルやブライトメタルペダルなど、本モデル限定の特別装備を搭載しています。また、リアとサイドベント、センターアームレスト、イルミネーション付トレッドプレートに「XJ50」専用バッジを配するなど、記念モデルであることを印象づけ、より一層ラグジュアリーな車両に仕上げています。
20台限定の特別仕様車「XJ SPORT & LUXURY」は、「XJ」の魅力を幅広く訴求するべく、様々な装備を追加しながら車両本体価格よりも抑えた12,580,000円に設定にしました。ベース車両の「XJ R-SPORT」に、美しく流れるようなスタイリングを際立たせるファラロン・ブラックのエクステリアと、明るく気品ある空間を演出するアイボリーを基調としたインテリアを採用しています。レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープ・アシスト、ドライバー・コンディション・モニターなどを標準装備し安全機能を充実させているほか、リモートプレミアム、InControlアプリ、Wi-Fiホットスポットの機能が全て備わったコネクトプロを搭載し、ドライバーズカーとしての利便性を高めました。

<「XJ」 2019年モデル 概要>
■ 受注開始日
2018年9月21日(金)
■ 主な特長および装備
・ 強靭な強さと究極の軽さを両立させたオールアルミニウムボディを採用。リベット打ちされた100%アルミニウムモノコックシャシーとボディ構造でクラス最軽量を実現
・エンジンは、3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド・エンジン(最高出力340PS・最大トルク450Nm)と、5.0リッターV型8気筒スーパーチャージド・エンジン(最高出力575PS・最大トルク700Nm、最高出力510PS・最大トルク625Nm)の3種類を用意
・自動緊急ブレーキ(AEB)を標準装備
・「XJ」誕生50周年を記念した2つの特別モデル「XJ50」「XJ SPORT & LUXURY」を追加
・「XJ50」の特別装備
・ 最上級グレード「XJ AUTOBIOGRAPHY」と同形状のフロント&リアバンパー
・ 20インチ5スプリットスポーク“スタイル5045”(グロスブラック・ダイヤモンドターンド・フィニッシュ)
・エクステリアカラーはフジホワイト、サントリーニブラック、ロワールブルー、ロッセロレッドの4色より選択が可能
・リアとサイドベントに施された専用バッジ
・18ウェイシート(ヒーター、クーラー、マッサージ付)
・ダイヤモンドカット・レザーシート
・エンボス加工の「XJ50」を配したセンターアームレスト
・アルミニウム・パドルシフト
・ブライトメタルペダル
・グロスシャドウ・ウォールナット・パネル
・専用イルミネーション付トレッドプレート
・ 4ゾーンクライメートコントロール
・ 「XJ SPORT & LUXURY」(限定20台)の特別装備
・ ファラロン・ブラックのエクステリア・カラー
・アイボリーを基調としたインテリア
・LEDヘッドライト
・360度カメラおよびパークディスタンス・コントロール
・ブラインド・スポットアシスト
・ パークアシスト
・ コネクトプロ(リモートプレミアム、InControlアプリ、Wi-Fiホットスポット)

■ エクステリアカラー(全14色)
フジホワイト、ナルヴィックブラック、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、インダスシルバー、コリスグレー、ロワールブルー、ロッセロレッド、ブリティッシュレーシンググリーン、フィレンチェレッド、ファラロン・ブラック、カルパチアングレー、サテンコリスグレー*、ヴェロシティブルー*
*「XJR575」のみ

 

XJ 2019?.png

「XJ」50周年について
ジャガーのフラッグシップ・モデルである「XJ」は、1968年に「XJ Series I」として誕生しました。発売当初から唯一無二の存在感を放ち、8世代にわたって世界中の人々を魅了してきました。VIPや政治家の送迎車両として使用、ビジネスリーダーや王室の方々に好まれて選ばれるなど、「XJ」は50年にわたってジャガー・ランドローバーの主力モデルであり続けています。
「XJ」は、先進的なアプローチで他のラグジュアリー・サルーンとは一線を画すポジションを築いてきました。誕生から4年の年月を経て、世界で唯一の12気筒を搭載した4ドア・サルーンのプロダクション・モデルを投入し、最高速度140mph(225km/h)を発揮する世界最速の4シーター・モデルとなりました。
その後、スタンダード・ホイールベースおよびロング・ホイールベース、2ドアおよび4ドアのボディスタイルを揃え、1975年には初の2ドアクーペ「Series II」を投入しました。1986年には「Jゲート」ギアシフターとセルフレベリング機能付サスペンションを初めて採用した「XJ40」を発売し、8年間製造されました。
さらに、ボディシェルに画期的なアルミニウム・モノコックを採用したことで、「XJ」の車両重量は2003年と比較して40%の軽量化を実現したほか、全輪駆動(AWD)システムやバーチャル・インストルメント・クラスターなどの最新技術を導入しました。ジャガーの現デザイン・ディレクターであるイアン・カラムが加わり、ジャガーを象徴するデザイン言語が確立され、ラップアラウンド・リアスクリーンや特徴的な猫の爪を思わせるリアライトが生まれました。そして、今日においても伝統を引き継ぎながらも、パフォーマンス、テクノロジー、ラグジュアリーを高めるべく進化し続けています。

Jaguar PR social channels
- Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp
- Facebook: https://www.facebook.com/JaguarJapan
- Twitter: https://twitter.com/JaguarJPN, @JaguarJPN
- Instagram: http://www.instagram.com/jaguarjapan
- YouTube: https://www.youtube.com/jaguarchanneljp

◆読者からの問い合わせ先 ◆
ジャガーコール(フリーダイヤル) ) 0120 -050 -689689 (9:00 ?18 :00 、土日祝を除く)

オンライン予約

  • 試乗予約
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

LINE UP

JAGUAR
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR XE
  • JAGUAR XF
  • JAGUAR XF
  • JAGUAR XJ
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR F-TYPE
LAND ROVER
  • DISCOVERY SPORT
  • DISCOVERY
  • RANGE ROVER EVOQUE
  • RANGE ROVER VELAR
  • RANGE ROVER SPORT
  • RANGE ROVER
  • ジャガー・ランドローバー西宮
  • ジャガー・ランドローバー神戸中央
  • ジャガー・ランドローバー姫路
  • ジャガー公式ページ
  • ランドローバー公式ページ
  • 神戸マツダ
  • 年間営業カレンダー