新着情報

★ LANDROVER DEFENDER ★
ラグビー・ワールドカップ 2015 仕様 『ディフェンダー』 初披露

 

resize0211.jpg

2015年5月22日 英国ロンドン発
ランドローバーは、ラグビーワールドカップ2015(開催地:イングランド)の開幕に先立ち、特別仕様の「ディフェンダー」が、テムズ川をティルベリー・ドックからタワー・ブリッジまで移動させた巨大なラグビーボールの中から出現するという演出で初披露しました。 この車両は、ラグビーワールドカップ2015を盛り上げることを目的に、優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ(Webb EllisCup)」とともに英国とアイルランドを100日間巡るツアーで使用します。

5月21日の午後より、高さ8.2メートルもの巨大なラグビーボールはテムズ川を25マイル移動し、ロンドンのランドマークとして知られるテムズ・バリア、ノース・グリニッジ・アリーナ、カナリー・ワーフ、タワー・ブリッジを通った後、バトラーズ・ワーフに係留しました。

そして、22日の明け方にボールが開き、ラグビーワールドカップ2015仕様の「ディフェンダー」が登場しました。 なお、「ディフェンダー」の運転はランドローバーのアンバサダーであり、ラグビーワールドカップ2003のイングランド代表優勝メンバーでもある、ルイス・ムーディーが務めました。

ムーディーは、巨大なラグビーボールの外まで「ディフェンダー」を運転し、ラグビーワールドカップ2003のイングランド代表キャプテンで、同じくランドローバーのアンバサダーであるマーティン・ジョンソンのもとに向かいました。 ジョンソンは、名誉あるトロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を掲げ、「ディフェンダー」の特製展示ラックに収めました。

マーティン・ジョンソン氏は、次のように述べています。 「ラグビーワールドカップ2015の開催を目前に控え、心躍る時期となりました。 トーナメントまであと100日あまりとなり人々の期待が高まりを見せていますが、今回ランドローバーがロンドンを舞台に並外れた演出で『ディフェンダー』を初披露したことで、さらに盛り上がると確信しています。 トロフィーツアーは、ラグビーワールドカップ開催までのカウントダウンにおいて、人々をより熱狂させ、開催を心待ちにさせる、素晴らしい取り組みです。」

ラグビーワールドカップ2015仕様の「ディフェンダー」は、コベントリーのオックスフォードロードにあるジャガー・ランドローバーの最先端のスペシャル・ビークル・オペレーションズ部門本拠地で、「ディフェンダー 110」をベースに製造したもので、移動中も「ウェブ・エリス・カップ」が見えるよう、一体型の特製展示ラックを装備しています。 ラグビーワールドカップ2015の開催前ならびに開催期間中、トロフィーを展示するために実測値に基づいて設計された同ラックには、ドライバーがアプリケーションを使って操作できる遠隔ロックや照明、温度管理などの革新的な技術が搭載されています。

ジャガー・ランドローバーのグローバル・エクスペリメンタル・マーケティング・ディレクター、マーク・キャメロンは次のように述べています。 「ランドローバーは、20年以上にわたり、グラスルーツからエリートレベルに至るまで、ラグビーを愛し、サポートしています。今回の取り組みは、ラグビーそのものやラグビーワールドカップ2015に対する当社のコミットメントを示す一例です。 トロフィーツアー期間中、またそれ以降も、可能な限り多くのファンが『ウェブ・エリス・カップ』を目にする機会を提供したいと願っており、スペシャル・ビークル・オペレーションズ部門が手掛けた完全特別仕様の『ディフェンダー』を使うことが最良の方法だと自負しています」

6月10日より開始する100日間のラグビーワールドカップ・トロフィーツアーは、大会組織委員会のイングランドラグビー2015が運営するもので、「ディフェンダー」は「ウェブ・エリス・カップ」を乗せて英国とアイルランド国内を巡り、9月18日の開会式にトゥイッケナム・スタジアムに届けるという重要な役割を担います。また、トロフィーはトーナメント開催期間中、ラグビーワールドカップ2015の全会場と公式ファンゾーンも巡る予定です。 「ディフェンダー」が巡る各地では、人々がトロフィーを目にする機会がより多くもたらされ、開催前の期待向上にも貢献します。

さらに、ランドローバーは先日、「We Deal In Real」と題したラグビーワールドカップ2015のキャンペーンを立ち上げ、ラグビー界の大物たちにイングランドのハンプシャーで行われるグラスルーツの試合への協力を依頼しました。 そして、「世界最小のラグビークラブ」として知られるアマチュアのレイカル・デッカ(Racal Decca)RFCの定例試合の準備を手伝うためにラグビーの有名選手を派遣しました。 参加した選手には、ジョニー・ウィルキンソン、クライブ・ウッドワード、ブライアン・ハバナ、ブラッド・ソーン、マット・ギトー、フェリペ・コンテポーミなどが含まれ、旗を掲げる作業から準備運動、試合前のチームとの対話に至るまで、試合当日のあらゆるサポートを行いました。 「We Deal In Real」キャンペーンでは、レイカル・デッカのようなグラスルーツのラグビークラブをラグビーワールドカップ2015という国際舞台に引き上げることで、ラグビーを愛する人々をサポートしていきます。

これまでにもランドローバーは、今月初旬にフランスで終了した、優勝トロフィーが世界15カ国を巡る「ラグビーワールドカップ・トロフィーツアー」に協賛しています。 ランドローバーはこのツアー期間中、「Least Driven Path」をテーマに、「ウェブ・エリス・カップ」を見たことのない地域に届け、世界中の人々にトロフィーを見る機会を提供しました。 この活動はトロフィーへの関心を高め、イングランドラグビー2015大会委員会にも貢献しています。

                                                    以上

                                                         

 

オンライン予約

  • 試乗予約
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

LINE UP

JAGUAR
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR XE
  • JAGUAR XF
  • JAGUAR XF
  • JAGUAR XJ
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR F-TYPE
LAND ROVER
  • DISCOVERY SPORT
  • DISCOVERY
  • RANGE ROVER EVOQUE
  • RANGE ROVER VELAR
  • RANGE ROVER SPORT
  • RANGE ROVER
  • ジャガー・ランドローバー西宮
  • ジャガー・ランドローバー神戸中央
  • ジャガー・ランドローバー姫路
  • ジャガー公式ページ
  • ランドローバー公式ページ
  • 神戸マツダ
  • 年間営業カレンダー