新着情報

ジャガー・クラシック、電動パワートレインを搭載したゼロ・エミッション・モデル
「E-TYPE ZERO」の製造・販売を決定
「モントレー・カー・ウィーク」に展示し米国デビュー

 

E-TYPE ZERO.png

■「E-TYPE」のゼロ・エミッション・モデルの製造、販売を決定
■2017年に発表した「E-TYPE ZERO」のコンセプトモデルの反響を受け、市販化へ
■今月カリフォルニア州で開催された「モントレー・カー・ウィーク」で、
最新のコンセプトカーを米国初披露

 

2018年8月24日、英国ライトン・オン・ダンズモア発: ジャガー・クラシックは、「世界で最も美しい電気自動車」として、コンセプトモデルの発表以来高い評価と多くの反響を受け、「E-TYPE ZERO」の発売を決定しました。ジャガーのアイコニックなスポーツカー「E-TYPE」に、電動パワートレインを搭載した「E-TYPE ZERO」を初披露したのは、2017年9月、ジャガー・ランドローバーが主催した「Tech Fest 2017」でした。

「E-TYPE ZERO」には、ジャガー・クラシックが持つレストア技術と、ジャガー初のエレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACE」で培った先進技術が融合されています。「E-TYPE ZERO」は、「E-TYPE Series 1」を完全レストアした「E-TYPE REBORN」と同じく、英国コベントリーにあるクラシック・ワークスでレストアされ、パワートレインを電動化するという作業が行われます。

既存の「E-TYPE」オーナー向けに、EV化するサービスも提供します。「E-TYPE」のオリジナリティを保持するため、電動化した後も、オリジナルのエンジンを付け替えて元の状態に戻すことが可能です。

ジャガー・ランドローバー・クラシックのディレクター、ティム・ハニングは次のように述べています。
「『E-TYPE ZERO』のコンセプトモデルを発表して以来、その大きな反響に驚いており、感激しています。未来を見据えたクラシックカーの楽しみ方を提案できたことは、ジャガー・クラシックにとっても今後の成長に向けた大きな足掛かりになります。

『E-TYPE ZERO』は、『E-TYPE』がもつ伝統と、クラシック・ワークスの専門性やクラフトマンシップを結集させたモデルであると同時に、ジャガー・クラシックを含む、ジャガー・ランドローバーが展開するすべてのビジネスにおいて、ゼロ・エミッションに向けたコミットメントを実現するものでもあります。」

現在ジャガー・クラシックでは、「E-TYPE ZERO」に関する問い合わせを受け付けています。「E-TYPE ZERO」のテクニカルスペックや価格については後日発表し、2020年夏にデリバリー開始を予定しています。

ジャガー「E-TYPE ZERO」オリジナル・コンセプトモデル
ジャガーのコンセプトモデル「E-TYPE ZERO」は、「E-TYPE」の外観と並外れたパフォーマンスを備えているだけでなく、オリジナルの「E-TYPE Series 1」と比較してもより優れた加速性能を発揮します。
「E-TYPE ZERO」は、軽量化とスリークなエアロダイナミクスによって270km(約170マイル)という実用的な航続距離を実現し、40kWhのバッテリーの場合、通常約6?7時間で充電できます。
最先端のパワートレインや、オプションで選択可能な最新のタッチスクリーン式のインフォテインメント・システムを搭載していますが、ほぼオリジナルの「E-TYPE」を踏襲しており、効果的なLEDヘッドライトが、アイコニックな「E-TYPE Series 1」のデザインを補完しています。

シングルスピード減速ギアを搭載した電動パワートレインは、ジャガーの「I-PACE」のコンポーネントを多く取り入れながら、「E-TYPE」向けに特別な設計が施されています。リチウムイオンバッテリーパックは、「E-TYPE」の6気筒XKガソリン・エンジンと同じサイズおよび重量で、同じように配置しています。
「E-TYPE」のギアボックスと同じ場所になるように、電動モーターはバッテリー・パックの真後ろに配置しています。そして新しいプロペラシャフトが、キャリーオーバーされたディファレンシャルとファイナル・ドライブに電力を送る構造になっています。
現行のガソリン・エンジンやトランスミッションと同じ重量・寸法を持つ電動パワートレインを使用しているため、サスペンションやブレーキなどの車両の基本構造は変更していません。そのため、電動パワートレインの統合がシンプルになり、オリジナル「E-TYPE」と同様のドライビング・エクスペリエンスを提供します。さらに前後の重量配分も変わらず、オリジナル「E-TYPE」のような走りとハンドリング、乗り心地、ブレーキングを提供します。
ビスポーク・ブロンズ・ペイントで仕上げた「E-TYPE ZERO」の最新コンセプトモデルは、8月24日(金)、米国で開催された「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」で初披露しました。

ジャガー・ランドローバー・クラシックについて
ジャガー・ランドローバー・クラシックは、スペシャル・オペレーションズに属する1部門であり、世界中のジャガーおよびランドローバーのクラシック・モデルのお客様やファン向けに、車両、サービス、パーツ、エクスペリエンスの提供を行っています。
2017年6月に発足した英国コベントリーにあるジャガー・ランドローバー・クラシック・ワークスでは、熟練したエンジニア、新人、さらに実習生を含むチームが急速に拡大しています。両ブランドのREBORNシリーズの貴重なレストア作業を専門に行い、ジャガー「D-TYPE」といった富裕層向けの「NEW ORIGINAL(新しくありながらオリジナルに忠実)」な後継車の生産に携わっています。
さらに2018年5月、ジャガー・ランドローバー・クラシックは、英国外では初となる直営クラシックセンターをドイツ、エッセンーケットヴィッヒに開設し、ヨーロッパのお客様にサービスを提供しています。
また2019年の夏には、北米のクラシックカーのオーナーや愛好家向けに、レストア、販売、サービスを包括的に実施するセンターをジョージア州のサバンナに設立することも発表しています。

「E-TYPE ZERO」の詳細情報やご購入に関しては、ジャガー・クラシックのホームページ( www.jaguar.com/classic )または、zero@jaguarlandrover.com / +44(0) 203 601 1255までお問い合わせ下さい。

Jaguar PR social channels:
- Facebook: https://www.facebook.com/JaguarJapan
- Twitter: https://twitter.com/JaguarJPN; @JaguarJPN
- Instagram: http://www.instagram.com/jaguarjapan
- YouTube: https://www.youtube.com/jaguarchanneljp
 

 ◆読者からの問い合わせ先 ◆
ジャガーコール(フリーダイヤル) 0120-050-689
 (9:00?18:00、土日祝を除く)

この件に関する報道係者から問い合わせ先:
ジャガー・ラン ドローバー マーケティング・広報部  03-6859-8840
または 株式会社プラップジャパン(担当:住川、北町田) 03-4580-9105 / jlr_pr@ml.prap.co.jp

広報写真、発行済プレスリーおよび資料などーはジャガー・ラン ドローバーメディアセンターをご利用ください。  https://pr.jlrj.jp/
※ご利用にはユーザ登録が必要なります。

オンライン予約

  • 試乗予約
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

LINE UP

JAGUAR
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR XE
  • JAGUAR XF
  • JAGUAR XF
  • JAGUAR XJ
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR F-PACE
  • JAGUAR F-TYPE
LAND ROVER
  • DISCOVERY SPORT
  • DISCOVERY
  • RANGE ROVER EVOQUE
  • RANGE ROVER VELAR
  • RANGE ROVER SPORT
  • RANGE ROVER
  • ジャガー・ランドローバー西宮
  • ジャガー・ランドローバー神戸中央
  • ジャガー・ランドローバー姫路
  • ジャガー公式ページ
  • ランドローバー公式ページ
  • 神戸マツダ
  • 年間営業カレンダー